りゅうちゃん号.jpg

おきなわこども未来ランチサポートとは

設立経緯

2020年3月新型コロナウイルスの影響で全国の学校が突然休校となりました。沖縄では以前から「子どもの貧困」が深刻で、給食がないと食べるものに困る子どもがいるのでは?と立ち上げたのが「りゅうちゃんランチサポート」です。2020年10月からは「沖縄子どもの未来県民会議」の事業の1つになり、県内に200ヶ所以上ある子どもの居場所への食支援活動を行っています。

代表挨拶

玻名城泰山さん_rect.png

玻名城 泰山

琉球新報社代表取締役社長

琉球新報社は2020年から「おきなわこども未来ランチサポート」(旧りゅうちゃんランチサポート)という子どもの食事支援の取り組みを始めました。それは国連総会で採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」が掲げる「誰一人取り残さない」という原則を沖縄で進め、不平等をなくそうとの思いからです。これからも取り組みを進めます。

久田雅嗣さん_rect.png

久田 雅嗣

日本郵便株式会社沖縄支社 支社長

日本郵便株式会社沖縄支社では、おきなわこども未来ランチサポートの活動を通じて
「子ども達が夢や希望を持って成長していける社会の実現」を目指して参ります。
本取り取り組みへの引き続きのご理解、ご協力を賜りますようお願いいたします。

富田杏理_rect.png

富田 杏理

株式会社おとなワンサード

代表取締役

新型コロナウイルスの影響による突然の休校がきっかけで始まったランチサポート。多くの皆さんのご協力のもと、県内全域へ郵送もできる事業へと成長しました。食料品だけでなく支援のプラットフォームとして「つなぐ」役割を果たしていきたいです。